明日を見つめて

2003年末に、うつ病・パニック障害と診断。
薬を飲んでも良くならず、精神医療に不安と疑問を感じ始めました。
減薬を始め離脱症状と闘いながらも、2012年末なんとか断薬に成功。
2013年には妊娠→出産!育児ブログになりつつ...?
一歩一歩前進しています!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# ある方の睡眠薬減薬について
風をつかんで!】 の
睡眠時、たった2錠の薬 [減薬]】 より転載させていただきました。

日本の精神治療はまだ“投薬治療”が中心です。精神科やクリニックに行けばすぐ薬を出してくれます。しかし、この安易な投薬が問題だと思います。

薬は確かに症状をすぐ緩和してくれます。しかしその薬によって今度は人が本来持っている自然な感覚や、身体の反応なども解らなくなってしまうのです。眠気やだるさなど副作用も出ます。その結果、“不安”や“睡眠障害”を抑える為にまた薬が薬を呼んで、最後はどの薬がどこに効いているかも解らなくなってしまい長期の投薬が始まります。

薬の作用は実は自分の意志ではどうにもなりません。

たくさんの薬はどれだけ自分の体に負担をかけているか計りしません。

“昼間の意欲を上げる薬が多いと、睡眠時に昼間の薬の影響が強すぎて眠れなくなる”ということです。

2008年6月当時、私が昼間飲んでいた薬にはルボックス25mg4錠、トレドミン25mg 2錠が含まれていました。

昼間、これだけ“上げ上げ”にすれば 夜、眠れなくなります。結果、睡眠時の薬が多くなるのです。
しかし、昨年から昼間の薬を減薬した私の場合、今度は就寝時の薬が強くなりすぎて、明け方に眠さ(作用)が残ったのです。
それが“起きられない”、“気力が出ない”という鬱の症状に近い症状を作り出したのです
減薬する場合は昼の薬と就寝時の薬のバランスが重要になるということです。

つまり
”昼間の“意欲を上げる”薬も減らさないと就寝時の薬もなかなか減らせない”ことになります。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:24 | category: 役立ちそうな引用・抜粋 |
# 抗うつ剤の依存性と離脱症状
抗うつ剤には明らかに「依存性」があります。

タバコや酒のように切れるといらいらするといったものではないのですが、手が震える、体がふらつく、頭がボーっとする、頭がシャンシャンする、頻尿、うつ気分になるなどなどの不快な症状がでます。

これを医師に告げると 「それはあなたの病気だから薬をやめたら駄目なのです」 などといわれます。

ですが、これらは離脱症状であると私は思います。
その証拠に、薬を服用すると速やかにこれらの症状は治まります。

最初に抗うつ剤を飲んだときのことを思い出してみてください。
効くまでに10日くらいはかかったはずです。
なのになぜいきなり効くのか?
それはこれらの症状があなたの病気の症状ではなく離脱症状だからなのです。
だいぶつのブログ】の薬の減らし方より引用させていただきました。



---追記---------------------------------------------------

コメントを残したところ、このようなお返事をいただきました。

薬を今すぐやめる必要はありません。
薬を恐れる心をこそ恐れてくださいね。
お医者さんは、悪意でやっているのではありません。
それがあなたのためと思ってやってくれています。
それは信じて良いです。
薬は長期には良くないですが、今すぐ止めたから今すぐ治ると言うことはありません。
だから焦らないで下さい。
並行して自力整体をすすめてみて下さい。
症状が和らいだら、自然と薬も減ります。

なんだか救われたような気がしました。
焦り過ぎていたのかもしれません。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:41 | category: 役立ちそうな引用・抜粋 |
# どこかの掲示板より
どこかの掲示板で見つけた。
なるほど、うまい例えだ...。


精神薬もドラえもんの道具と同じで、
頼るとどんどんダメ人間になっていく。
そして、根本的な解決にならない。

ドラえもんの道具はまだ副作用がないが、
精神薬は超強烈、そして
不可逆的副作用というおまけつき。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。




JUGEMテーマ:精神科の薬

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:18 | category: 役立ちそうな引用・抜粋 |
ご訪問ありがとう♪



お詫び

大変申し訳ございませんが、
現在、コメントの返信を
お休みしております。

ご訪問の皆様へお知らせ

ブログ管理人について

初めての方はまずこちらを。

mieについて

応援お願い致します♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。


おむつが15%OFF

このブログを検索
コメント
モバイルはこちらから
qrcode
愛用抱っこ紐
その他
Sponsored Links