明日を見つめて

2003年末に、うつ病・パニック障害と診断。
薬を飲んでも良くならず、精神医療に不安と疑問を感じ始めました。
減薬を始め離脱症状と闘いながらも、2012年末なんとか断薬に成功。
2013年には妊娠→出産!育児ブログになりつつ...?
一歩一歩前進しています!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 02月04日独り言 | main | 遅発性ジスキネジア >>
# 薬への疑問

今日はちょいと長い。
数年ため込んできた思いをぶちまけてみることにする。


今日、病院に行ってきた。


「どうも最近調子が悪い・ずっとやる気が出ない・
 眠れない・社会不安障害が全く改善されない」
と、相談してきた。(思えば、デプロメールに変更してからかも...)
そして…、以下のような話をしてきた。




   ・
   ・
   ・




大阪にいる頃、主治医に、
「パキシルが嫌だ!パキシルの離脱症状がツラいのが嫌だ!
 パキシルを止めたい!」と訴えた。
そうしたら、ジェイゾロフトに変更してくれ、パキシルも徐々に減量。
離脱症状はかなりツラかったものの、見事中止に成功した。
後に、「なるべく早く、薬なしの普通の生活がしたい」
と訴えると、新薬のリフレックスを追加。


リフレックスはとてもよく効いた。
よく眠れるし、意欲も湧くいい薬だった!
これなら、薬からおさらばできる日もそう遠くないと喜んでいた。


だが、翌日1日中とにかく眠くて眠くて何もできない・太ってしまった...、
と悩み始めたころに、K県へ引っ越し。


やっと落ち着いたK県の病院で相談をし、
もうひとつ「社会不安障害を治したい」と話したら、
リフレックスを中止し、後に、デプロメールとアモキサンを処方された。
薬なしの生活に近づくために・薬の離脱症状から逃れるために、
リフレックスに変更してもらったのに、
また、離脱症状のツラい薬に戻ってしまった…。




   ・
   ・
   ・




そんな話をしたら、デプロメールを中止して、
以前服用していたジェイゾロフトに変更された。
離脱症状の話には、あまり触れてくれなかった。
ジェイゾロフト...飲み始め一週間、副作用の吐き気がツラくてツラくて...。
またあれを味わうのかと思うと、正直怖い。
夜も、睡眠薬を飲まずに眠れていたのに、また処方されてしまった。



ぐるぐるぐるぐる同じところを回っている。
何をやっているんだ!
せっかく前に進めたのに、また昔に戻ってしまうなんて...。


よくよく考えてみると、9年程前にうつになり、薬を服用し始めてから、
どんどん状態が悪化し廃人になりかけたような気がする...。


やっぱり、うつ病の薬は麻薬と一緒だと思う!
一度手を出すと、簡単にはやめられない。


もしかしたら、日本での精神病者の一部は、
くぐりやすくなった精神科という門を安易に受診し、
言われるがまま、医者の言うことを信じて、
抗精神病薬を口にしたために増加したのではないかと、
あくまでも個人的な意見だが、そう思う!


そもそも、私は本当に「うつ」だったのか?
その根本的部分が疑問。
薬を飲み続けてもう8年?9年!? 長すぎやしないか?
薬が更に状態を悪くしているとしか思えない。


医者を信じるしかないと自分に言い聞かせてきたが、
目に見えない病だけに、判断も難しいと思う。


「うつ」だと言われ、それを信じ、
どんどん自分自身を追い込んでいったような気もする。
「薬で治る」と言われ、処方されるままに薬を服用し、薬漬けの日々...。
多い時には、睡眠薬7,8個も服用していた...。
もちろん、翌日起きられるはずもない。
それを、内科の看護師は、「日中起きないから夜眠れないのよ!」
と、他の患者がいる前で私を責めた。


医者には、副作用や離脱症状のツラさはわからない!
眠れない・調子が悪い・薬が合わないと言えば、
薬を増やされ、コロコロ薬を変更されて、まるで、気分は実験用モルモット!


思い返せば、あれもこれも
パキシルの副作用としか思えない行動がたくさんある。


もう一度よく考えてみよう。
私の場合、「薬を服用していれば治る」のではなく、
「薬の服用を止めれば治る」のではないか?


もちろん、今までに何度もこのような考えは頭に浮かんだが、
薬を、医者を、そして何より自分自身が「うつ」だと信じて込んできた。
いやいや、信じざるを得なかった。
この辺りで、自分に正直になってみてもいいのでは...?


でも、怖い!


あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ...、大阪に戻って相談したい...。
大阪でお世話になった先生は、漢方を出すときには、
きちんと脈を診てお腹の音を聞いてくれて、
その時の体の状態にあったものを処方してくれた。


だが、今の医者は違う...。
その症状ならコレを出しとこうか...と軽いノリ…、
今では漢方の話さえ出ない。

いろいろ調べていると、精神科で扱う向精神薬は、
麻薬及び向精神薬取締法」で、麻薬と同類と
みなされている薬品だということがわかった。

はぁ...、そんな危険なものを服用していたのか...。
やめられるはずがないな...。
セカンドオピニオンを探すか、自力で断薬するか...。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。 
 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:57 | category: いろいろな疑問 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:57 | category: - |
コメント
コメントする
お気軽にどうぞ♪









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ご訪問ありがとう♪



お詫び

大変申し訳ございませんが、
現在、コメントの返信を
お休みしております。

ご訪問の皆様へお知らせ

ブログ管理人について

初めての方はまずこちらを。

mieについて

応援お願い致します♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。


おむつが15%OFF

このブログを検索
最新記事
コメント
モバイルはこちらから
qrcode
愛用抱っこ紐
その他
Sponsored Links