明日を見つめて

2003年末に、うつ病・パニック障害と診断。
薬を飲んでも良くならず、精神医療に不安と疑問を感じ始めました。
減薬を始め離脱症状と闘いながらも、2012年末なんとか断薬に成功。
2013年には妊娠→出産!育児ブログになりつつ...?
一歩一歩前進しています!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 薬への疑問 | main | 離脱症状と誤診 >>
# 遅発性ジスキネジア
ずっとクセだと思っていたことが、
チック症(トゥレット障害)ではないかと気付いた、昨年の春...。

しかし、今日、実はそうではないことを知った。

 「遅発性ジスキネジア」といって、
抗精神病薬を長期服用している患者に起きるものらしい。
 
以前も書いたが、私の場合、

●瞬きを繰り返す
●目をぎゅっと閉じる
●目玉を上下左右にグリグリ動かす
●額にしわを寄せる
●しかめ面をする
●顎を側・後方にずらす
●肩をひそめる
●腕をねじる
●首・肩・背部などをねじる
●お腹を凹ませる
●咳払い などなど...。

やりたくてやっているわけではないし、正直、かなり疲れる。
それに、周りの目も気になる。

治す薬はないと、調べて知ってはいたのだが、
どうにも我慢できず、昨年5月、K県の病院で初めて相談した。

その時、気休め程度に処方されたリボトリールが、
私には合わず、更に体調を悪化させたことは、
昨年8月の記事に書いた。

しかし、医者は、抗精神病薬を長期服用している患者に、
ああいった症状が起きるものだなどということは、
ひとことも教えてくれなかった。

あんなに悩んで相談したのにも関わらず、
医者が知らなかったのか?
それとも、知っていたけれど教えてくれなかったのか?
教える必要がないと考えたのか?
そんな症状は、起こり得ないと安易に考えていたのか?
 
ますます不信感が募る...。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。
| comments(2) | trackbacks(0) | 07:59 | category: チックと遅発性ジスキネジア |
# スポンサーサイト
| - | - | 07:59 | category: - |
コメント
ご訪問ありがとうございます

副作用を奇病にしているのかもしれません。
皆さん、気がつくと良いですね
今、薬漬けから解放されてほっとしています

症状とかの情報や文献を見つけたら教えてください
よろしくお願いします。

ジスキネジア 厚労省
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1c21.pdf

| siodaihu9 | 2012/04/06 9:07 PM |

siodaihu9様

コメントありがとうございます。

お医者さんも、もっと勉強して、
患者さんにしっかり伝えて欲しいものです。

| mie | 2012/04/25 3:18 PM |

コメントする
お気軽にどうぞ♪









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ご訪問ありがとう♪



お詫び

大変申し訳ございませんが、
現在、コメントの返信を
お休みしております。

ご訪問の皆様へお知らせ

ブログ管理人について

初めての方はまずこちらを。

mieについて

応援お願い致します♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。


おむつが15%OFF

このブログを検索
最新記事
コメント
モバイルはこちらから
qrcode
愛用抱っこ紐
その他
Sponsored Links