明日を見つめて

2003年末に、うつ病・パニック障害と診断。
薬を飲んでも良くならず、精神医療に不安と疑問を感じ始めました。
減薬を始め離脱症状と闘いながらも、2012年末なんとか断薬に成功。
2013年には妊娠→出産!育児ブログになりつつ...?
一歩一歩前進しています!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 欠かさず続けています! | main | 離脱症状について >>
# お手玉とティッシュペーパー呼吸法
うつに、お手玉が効くらしい。
なぜお手玉なのか。

「うつ病患者には『今』がない。
 お手玉をしている間はほかのことを考える余裕がない。
 つまり期せずして今に集中できる。
 左右の手をリズミカルに使うことで脳のバランスが良くなる」
 
「お手玉は健康法の枠を越えてうつ病治療にも十分効果を挙げる。
 手軽で副作用もなく、脳のバランスを整えることができる。
 毎日十分でもいいから続けることが大事」


ティッシュペーパー呼吸法もいいらしい。
うつに苦しむ人の特徴に、
深い呼吸ができないことがあります。
脳(特に植物脳)が疲労し、
呼吸を司る自律神経の機能が低下しているため、
浅く弱い呼吸しかできないのです。

パニック障害や摂食障害の患者さんも同じです。

ですから、まずは深い呼吸をすることで
副交感神経を優位にし、心身をリラックスさせ、
自律神経がととのうようにします。

このティッシュパーパー呼吸法のいいところは、
呼吸の視覚化です。
呼吸の深さを目で確認しながら、深い呼吸を
身につけるトレーニングができます。

これで深い呼吸ができるようになると、
脳内の血流が改善します。
「植物脳」の血流が格段によくなります。
低下していた脳の働きも大きく改善されていきます。
ただ、呼吸法をやってもつまらない・・・。
つまらないと、患者さんも続かない・・・・。
ただし、ティッシュを10回吹き上げる、
という具体的な 遊びとしての目標があると、誰でもできる。
というわけです。
つまり、呼吸法を変えればいいということね。
今、まさにやっていることだ!

あと、膝の上げ下げ運動が良いらしいが、
立ち読みでチラッと読んだだけなので、
詳しく調べてみよっと!





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。
| comments(2) | trackbacks(0) | 17:14 | category: いろいろな治療法 |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:14 | category: - |
コメント
はじめまして!
ヘルスアートクリニックくまもと
http://www.healthart-clinic.net/
のサイトで同様の内容をみました。私もやりはじめました。たった10回でも
案外キツイですね。はじめのうちはちょっとクラクラします。
| yoshi | 2012/12/31 10:13 PM |

yoshi様
コメントありがとうございます!

そちらのクリニックの方が書かれた(?)本だと思いますが、
立ち読みだけではよくわからなかったので買いました。

はじめは続けていたのですが、今はもう続いていません(笑)
もっと続けると、効果も出るのでしょうが...。

| mie | 2013/01/02 4:52 PM |

コメントする
お気軽にどうぞ♪









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ご訪問ありがとう♪



お詫び

大変申し訳ございませんが、
現在、コメントの返信を
お休みしております。

ご訪問の皆様へお知らせ

ブログ管理人について

初めての方はまずこちらを。

mieについて

応援お願い致します♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。


おむつが15%OFF

このブログを検索
コメント
モバイルはこちらから
qrcode
愛用抱っこ紐
その他
Sponsored Links