明日を見つめて

2003年末に、うつ病・パニック障害と診断。
薬を飲んでも良くならず、精神医療に不安と疑問を感じ始めました。
減薬を始め離脱症状と闘いながらも、2012年末なんとか断薬に成功。
2013年には妊娠→出産!育児ブログになりつつ...?
一歩一歩前進しています!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 02月21日独り言 | main | イメージトレーニング >>
# 精神科医ってこんなもの?
K県のクリニックに通うようになってから、
副作用や離脱症状の強い薬ばかり処方されているような気がする。
患者を逃さないためなのか?
それは考え過ぎ?

漢方を出してくれる病院ということで、紹介を受けて行ったのだが、
精神科専門の医者であるため、漢方について詳しくないらしい。

脈を診てくれるわけでもなく、
舌を診るわけでもなく、
お腹の音を聞いてくれるわけでもなく、
大きなテーブルを挟んだ向こう側から、
「あなたの今の状態なら、とりあえずこれがいいかもね...」
「う〜ん?なんで効かないのかなぁ...?」
などと言いながら、『とりあえず』 漢方を処方された。

これは、通い始めた頃の話で、今では漢方の話すら出てこない。
『とりあえず』 処方は、漢方に限らずだが...。

目に見えない症状だから、どれが正確な薬の処方なのかわからない。
頼りないと思いながらも、精神科専門医だから仕方ないのか...
と諦めるしかないのか。


今の治療法は、病気によって起きている症状を和らげる為の対症療法であり、
苦痛となる症状から、一時的に楽にしているだけである。

病気そのものや、その原因を治す原因療法ではないため、
根本原因を放置したままではいつまで経っても完治しないのではないか。
薬を使った治療は、根本的な解決にはならないように思う。

私の場合、薬に頼るより、カウンセラーに相談した方がいいのかなぁ。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。
| comments(0) | trackbacks(0) | 02:06 | category: いろいろな疑問 |
# スポンサーサイト
| - | - | 02:06 | category: - |
コメント
コメントする
お気軽にどうぞ♪









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ご訪問ありがとう♪



お詫び

大変申し訳ございませんが、
現在、コメントの返信を
お休みしております。

ご訪問の皆様へお知らせ

ブログ管理人について

初めての方はまずこちらを。

mieについて

応援お願い致します♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。


おむつが15%OFF

このブログを検索
コメント
モバイルはこちらから
qrcode
愛用抱っこ紐
その他
Sponsored Links