明日を見つめて

2003年末に、うつ病・パニック障害と診断。
薬を飲んでも良くならず、精神医療に不安と疑問を感じ始めました。
減薬を始め離脱症状と闘いながらも、2012年末なんとか断薬に成功。
2013年には妊娠→出産!育児ブログになりつつ...?
一歩一歩前進しています!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 竹下雅敏さんの講演 | main | 離乳食(4ヶ月目) >>
# お尻のかぶれ
お尻のかぶれが再発し、もらっていた薬を塗るとどんどんひどくなってきたので、
もしかしてカンジタかもと皮膚科へ。
以前の皮膚科へはもう行かず、また口コミを調べて良さげなところへ。

だが、口コミとは全く程遠い対応...。

狭い診察室に事務員・看護士3人・院長...。
誰が誰と話しているかわからなくなり、ごちゃごちゃ。
院長は高圧的で早口でこちらの話をあまり聞かず、
お尻を見た瞬間『蒸れですよ!蒸れ!』と当然のように言った。

「軟便?下痢?」と聞くわりには、母乳と離乳食の割合も聞かないし、
1日何回ンチしてるかも聞かず「お尻洗う回数少なすぎる!」と言われた。

そこはわかっています...。
今は1日だいたい2.3回だけど、お風呂の時しかシャワーでお尻を流していない。

今までは携帯ウォシュレット使っていたけど、それでもやはり改善されず赤かったし、
寝返りを始めてウォシュレットもやめてしまった。

言い訳になるが、じっとしていられず、つたい歩きをしたり
風呂釜やホースや蛇口を口に入れたりなめまわしたりする息子をシャワーで流すには、
私まで服を脱がないとびっしょびしょになるし時間がかかるしお風呂並みに大変なので、
ビタビタに濡らしたコットンで擦らないように汚れを落としていたのだが...。
(こっちも大変だけど...)

そのせいではないと思う...。
私の食べ物のせいだと思うんだけどなぁ...。

息子も院長が怖くて嫌らしく、カンジタの検査をするときからギャン泣き。
看護士と話をする私、院長と話をする夫、ギャン泣きの息子。
もう何が何やら...。
以前の皮膚科をやめたことに異常にこだわり「なぜ?なぜ?」としつこくうるさい。

また、足の掻き傷を見て、『あ〜ガサガサだよ。ちゃんと保湿してあげて』

してますけど。
1日何回保湿剤塗ってもすぐガサガサになるんです。
ここに来る前も塗ってきました。
って、話させてくれよっ!全然話ができないんですけどっ!!

で、自分が言いたいことだけをしゃべって途中どこかへ消えた。

結局、お尻と足はステロイド(プロパデルム/3群:強い)を塗ることに。
赤みが引くまでは、遠慮せずにケチらずにたっぷり塗ってくださいとのこと。

院長が消えてしまったので、聞きたかった爪のことは、側にいた看護士に聞いてみた。
夫の家系の遺伝なのだが、足の薬指だけ爪が球体になっていて、
伸びると指に食い込んでしまう。

「他の指と爪の形が違って...」と話しているのに、
よく見もせずに的外れで憶測な物言いをされカチン。
ちゃんとよく見て言ってくれよ〜!

夫はよく我慢してくれたもんだ。
もう二度と行かない。
合う医者ってなかなか見つからないなぁ。



【追記】

あれからンチの度にシャワーで洗い流している。
ステロイドを塗っている間はきれいだったが、やめるとまた赤くなってきた。

1日4回程のンチ...。
朝晩かなり冷え込んできたので、シャワーは寒すぎる。
座浴できればまだ助かるんだけどなぁ...。




| comments(0) | trackbacks(0) | 11:02 | category: →通院・健診 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:02 | category: - |
コメント
コメントする
お気軽にどうぞ♪









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ご訪問ありがとう♪



お詫び

大変申し訳ございませんが、
現在、コメントの返信を
お休みしております。

ご訪問の皆様へお知らせ

ブログ管理人について

初めての方はまずこちらを。

mieについて

応援お願い致します♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。


おむつが15%OFF

このブログを検索
最新記事
コメント
モバイルはこちらから
qrcode
愛用抱っこ紐
その他
Sponsored Links