明日を見つめて

2003年末に、うつ病・パニック障害と診断。
薬を飲んでも良くならず、精神医療に不安と疑問を感じ始めました。
減薬を始め離脱症状と闘いながらも、2012年末なんとか断薬に成功。
2013年には妊娠→出産!育児ブログになりつつ...?
一歩一歩前進しています!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 11月02日独り言 | main | 11月27日独り言 >>
# 救急医療に関して!!
昨年の2008年11月16日(日曜日)の22時頃のことです。

同棲中の彼が喘息の発作を起こし、薬も効かず、ひどく苦しみ、何をしても発作が治まらないので、とりあえず病院を探すことにしました。

日曜日で、しかも夜…。

しかし、救急車を呼ぶのはちょっと…ということで、 【救急医療情報センター】 に、電話をして2件ほど病院を紹介してもらいました。

この時、すでに職員の対応が悪いなぁとは感じていたのですが、それどころではないため、紹介してもらった病院へ急いで電話をかけたところ、

▲▲▲病院は、
『当院の診察カードをお持ちでない方の救急はお受けできません』

…(-д-;)はっ?

◆◆◆病院は、
『救急の対応はしておりませんので、〇〇〇病院へ電話してください』

…(-"-;)はぁ?

すぐに先ほどの救急医療情報センターに電話をかけ、その旨を話すと、なんともかったるそうな様子で、
『おかしいですね〜それじゃあ仕方ないですね〜』
と、いうようなことを言われ、また4件程病院を紹介されました…。

その後、発作は少しずつ治まりつつあったので、病院への電話はしていませんが、このようなことがあっていいのでしょうか…。

こんな対応だから、妊婦さんが病院をたらい回しにされ、挙げ句の果てには命を落としてしまうという悲しい出来事が起こってしまうのではないでしょうか。

昨日は発作が治まりつつあったからよかったものの、もし何かあった場合、一体どちらの責任になるのでしょうか…。
 
情報センターの職員の対応にしろ、病院側の対応にしろ、“面倒くさい”というような雰囲気が感じられました。

安易に救急車を呼ぶことができなくなった今、一度患者側の立場に立って考えてみるいい機会なのではないでしょうか。

このような医療状況の中で、日本の将来がとても心配になります(-.-;)






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。





| comments(0) | trackbacks(0) | 12:21 | category: いろいろな疑問 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:21 | category: - |
コメント
コメントする
お気軽にどうぞ♪









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ご訪問ありがとう♪



お詫び

大変申し訳ございませんが、
現在、コメントの返信を
お休みしております。

ご訪問の皆様へお知らせ

ブログ管理人について

初めての方はまずこちらを。

mieについて

応援お願い致します♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。


おむつが15%OFF

このブログを検索
最新記事
コメント
モバイルはこちらから
qrcode
愛用抱っこ紐
その他
Sponsored Links