明日を見つめて

2003年末に、うつ病・パニック障害と診断。
薬を飲んでも良くならず、精神医療に不安と疑問を感じ始めました。
減薬を始め離脱症状と闘いながらも、2012年末なんとか断薬に成功。
2013年には妊娠→出産!育児ブログになりつつ...?
一歩一歩前進しています!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 10月03日誉め | main | ジェイゾロフト再服用と減薬16日目 >>
# 妊娠中の女性の方は最重要!
病気にさせられて】 の 【妊娠中の女性の方は、超最重要かも?】 から。 
  上記の記事とともにコメント欄の追記も含めて、ぜひ、読みに行かれてください。


重篤副作用疾患別対応マニュアル(新生児薬物離脱症候群)
 作:平成22年3月 厚生労働省




初めて知り、ショックを受けています。

妊娠中、薬を服用していたお母さんから産まれた赤ちゃんに、
離脱症状が現れるといった内容です。
新生児薬物離脱症候群 というようです。

妊娠がわかると、即、薬を切られますが、
赤ちゃんの為なんだということは分かっていました。

現在、妊娠中で、断薬中の方々いらっしゃると思いますが、
健康で元気な赤ちゃんを産むために、
赤ちゃんに、自分が味わった離脱症状の苦しみを味わわせないために、
今は、「頑張って耐え、乗り越えましょう!」
...としか言えませんが、赤ちゃんのためです!頑張りましょう!




-----------------------------
追記

向精神薬のみならず、気管支拡張薬も要注意なんですね。
喘息の方は、どうすればいいのでしょう?





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。
| comments(2) | trackbacks(0) | 15:44 | category: 役立ちそうな引用・抜粋 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:44 | category: - |
コメント
こんにちわ!
妊娠が発覚したときに色々ネットで探し、離脱症状が赤ちゃんにまで及ぶことを知りました。
とても可哀想なことです。
医師は妊娠していてもルボックスなら飲んでもいいよと進めてきましたが、あのとき飲まなくてよかったとすごく思います。
断薬からもうすぐ3ヶ月がたちます。やっと離脱症状がぬけました!
赤ちゃんのためにも耐えてよかったです。
本当に離脱症状は少しずつ消えていくのだと実感できました!
まだ完全ではないこともありますが、こちらでたくさん支えられました。ありがとうございます!
これからも、こちらのブログを支えにさせてくださいね。
| ともこ | 2012/10/05 5:33 PM |

ともこ様
コメントありがとうございます!

離脱症状抜けたのですね!!!
よかったです!おめでとうございます!
まぶしさとかも大丈夫ですか?

妊娠したら薬を切るという産婦人科の医師は多いようですが、
心療内科の医師には、「薬をやめるように」と言われたのに(当時はパキシル)、
産婦人科の医師には、「問題ないですよ〜辛ければ飲んでください」と言われました。

う〜ん・・・。
矛盾してますよね。

こちらのブログがお役に立ったようで、嬉しく思います♪
赤ちゃん、楽しみですね(*^^*)


| mie | 2012/10/05 5:44 PM |

コメントする
お気軽にどうぞ♪









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ご訪問ありがとう♪



お詫び

大変申し訳ございませんが、
現在、コメントの返信を
お休みしております。

ご訪問の皆様へお知らせ

ブログ管理人について

初めての方はまずこちらを。

mieについて

応援お願い致します♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。


おむつが15%OFF

このブログを検索
コメント
モバイルはこちらから
qrcode
愛用抱っこ紐
その他
Sponsored Links