明日を見つめて

2003年末に、うつ病・パニック障害と診断。
薬を飲んでも良くならず、精神医療に不安と疑問を感じ始めました。
減薬を始め離脱症状と闘いながらも、2012年末なんとか断薬に成功。
2013年には妊娠→出産!育児ブログになりつつ...?
一歩一歩前進しています!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< akko様の動画 | main | 久々の病院 >>
# 拡散お願いアンケート

精神医療で薬物治療経験者にアンケート 拡散お願い


病気にさせられて】 で見つけてきました。
是非、みなさんのブログでも紹介してください。

↓ここより下を紹介してください。(コピぺでOK)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

精神医療で薬物治療経験者にアンケート

http://www.mapinion.jp/enq/Life/20120707-104018/

コメントも書けますので宜しくお願いします。


実際に治った人はどのくらいいるのか?知りたいですよね?
ネットなので適当なデータも入ってしまいますが、大まかな数値はでると思います。
みんさん、薬を飲むとどうなるのか?調査協力宜しくお願いします。

随時新しいアンケートも行います。
薬別のアンケート
医師の診察内容などのアンケートも行います。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/








にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。
| comments(7) | trackbacks(0) | 16:03 | category: 役立ちそうな引用・抜粋 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:03 | category: - |
コメント
こんにちは。
かなり辛い離脱症状が出ていますね。
気死念慮も出ているのが心配です。
まずは食欲です。
私も食事が喉を通らなかった時は、スポーツゼリーを多用しました。
イオンには88円程度の安いものもありますから、カロリーやビタミンのあるものを選んで食欲がなくとも3食かならず取るようにします。
 またマルチビタミン、ミネラル、カルシウムの錠剤を買って飲みましょう。DHCなどで安く出ています。
 基本的に減薬したことで自律神経がかなり乱れています。自分の経験では自律神経系の回復には半年〜1年はかかりますから焦らずに今の状況をやり過ごすようにして下さい。
 最悪は少し薬を戻すのも方法です。ただ量は以前と同じではなく必ず半分以下にします。次回、減薬するときは初めの半分ですみますから離脱症状も楽になります。
 もうmieさんは2ヶ月減薬しているので、少し戻しても依存性はしばらく飲んでもほとんど出ませんから、体調がよくなったらまた減薬することをチャレンジ出来ます。
 大事なことは焦らないこと。焦ると交換神経優位となり益々、緊張して身体が辛くなります。
 また、電話などで嫌なことを聞いても気にしないことです。自分は自分だと開き直って下さい。
 あとPCやスマホは最小限にしましょう。検索などをやっていると神経を多用して辛くなります。ディスプレーも視神経に影響して頭痛の原因となります。
 PCより本。またかならず外気を吸いましょう。玄関や庭にちょっと出るだけでもいい。副交感神経を優位にするような生活を心がけてください。
お大事に。
| Combat! | 2012/09/17 3:46 PM |

Combat! 様
コメントありがとうございます!

スポーツゼリーという手がありましたね。
イオンは遠くて行けませんが、
近くのドラッグストアに連れて行ってもらって、買い溜めしておきます。
サプリメントは、DHCのものを買って飲んでいます。

もうちょっと頑張ってどうしてもくじけそうでしたら、
おっしゃるようにお薬を戻してまた減薬にチャレンジしてみます。

電話の内容は、私にはどうしようもありませんが、
いろんな感情がごちゃまぜで
どうしたらいいのかさっぱりわからず悩んでいるところです。


CSSやHTMLをいじるのが大好きなので、
どうしても神経ばかり使ってしまっていると思います。
控えないといけないですね・・・。

ブログも、それぞれ異なる種類のブログを4つ運営しており、
コメントやメッセージの返信に追われることもあって、
いっぱいいっぱいになっていたこともあります。
メイン(これではありません)を優先してなるべく更新を控えます・・・。


起きたら、外に出て日を浴びて深呼吸をするように心がけていますが、
食事は、食べたら吐いてしまうこともあり、
一日に一度しか食べられなくなっています。
焦らず、スポーツゼリーなどで代用しながら、様子を見てみます。

ありがとうございます。



| mie | 2012/09/17 5:06 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/09/17 11:14 PM |

美羽様
お待たせしました。
改めて、はじめまして!コメントありがとうございます。

ブログにお邪魔したのですが、コメントできないようなので、
こちらでお返事させていただきますね。

アモキサン、いきなり50mgの減薬・最後の25mgの断薬は、さぞおつらかったと思います。
私の場合、アモキサンはカプセルでしたので、中身の量を調整しやすく、
自分自身では慎重に減薬したつもりでしたが、
それでも、焦っていたのもあり、期間が短かったようです。
【少なくとも3ヶ月から半年のスパンで減薬】とのお言葉もいただいております。
けっこうつらかったですが、半身浴やヨガ、散歩などをしながら、
イメージトレーニングや自己暗示を欠かさず、なんとか耐えることができました。
もっともっと慎重に減薬していれば、離脱症状ももっと軽かったかもしれません。

しかし、ジェイゾロフトの減薬は、それ以上につらかったです。
ジェイゾロフトは、最後の最後で薬がなくなり、
もうもらいに行くのもしんどかったので
そのままやめてしまいましたが、そこが間違っていたかも知れません。


例の本、お持ちだったんですね。
オークションでも探しているのですが見つからず・・・。
ブックオフにでも行ってみようかな。

実は、このブログは、メインブログではありません。
メインのブログでは、知り合いや友達が多く見ているので、
こんな内容を知られたくないという思いから、
主に薬に対する愚痴を吐き出す場所として、今年、このブログを立ち上げました。
それ以前の記事は、他のブログでの記事を、ただこちらに移転したものです。
(精神医療リンク集は、あえて最古記事にしています)

なので、減薬に関しては、アモキサンとジェイゾロフトの記事しかありません。
それ以前の薬のことは、実際あまり覚えてないんです。

2003年の11月に、精神科心療内科のない小さな総合病院の内科に入院したのですが、
ドキドキすると言うと「この病院で一番強い安定剤です」と言われて、出された薬を飲み、
それでもおさまらないと「この病院で一番強い点滴です」と言われて、安定剤を打たれ、
眠れないと、「これ以上強い薬はここにはありません」と言われて、その睡眠薬を飲み、
だけど、動悸はおさまらず、夜は目がさえ、日中は眠く、
どんどん薬に依存するようになっていきました。
その内科での薬の出し方に問題があったと思います。

入院していた2003年12月17日時点での薬の記録について見つけることができました。

■セルベックス
■ロキソニン
■セレキニン
■アシノン
■アクディーム

■ドグマチール
■セパゾン
■トリプタノール
■ソラナックス(頓服)

■マイスリー
■ハルシオン2つ
■セルシン
■ベンザリン2つ

薬が何mgのものだったのかはわかりません。
また、睡眠薬以外の薬は、朝晩の2回だったか、朝昼晩の3回だったのか
よく覚えていません。

そして、何年か後、気付いたら、睡眠薬が減っていました。
パキシルは、確か2009年に、20mgだったものを10mg2錠にしてもらい、
自己流で徐々に減らしていったのを覚えています。
その頃の記録があるか探しておきます。

どうも記憶が途切れ途切れで、申し訳ないです。
手帳に記録してある日もあるので、探してみますね。

ベンゾジアゼピン系の減薬については、「アシュトンマニュアル日本語版」もご参考に。
かなり長くてまだ最後まで読めていませんが・・・(笑)
http://www.benzo.org.uk/amisc/japan.pdf

動画の方は、無事断薬に成功されたはずですよ!
つらいですが、いつかは必ず朝が来ると信じて、くじけず頑張りましょう!
| mie | 2012/09/18 8:39 PM |

美羽様
追記です。

ハルシオンや、2009年のレンデムの減薬について。
当時はまだピルカッターを持っていなかったので、
手で割ったり、カッターで割ったりして、
1錠を、3/4→1/2→1/3→1/4→1/8 というふうに減らしました。

ハルシオンは、2週間~4週間のスパンで減らしていったと思います。

レンデムの減薬中は、リフレックスを処方された頃と重なったので、
睡眠薬がなくても、リフレックスの副作用だけで眠れるようになり、
その時に、1度は睡眠薬とサヨナラしました。

あとは、お守り代わりとして置いておき、
明日早いのにどうしても眠れないというときに、
お世話になっていました。

ですが、今年に入ってから、また睡眠薬(マイスリー)を飲みだし、
減らすときは、10mg錠をピルカッターで割り、1/2→1/4へと減らし、
10mg錠を5mg錠へと変えてもらい、
同じくピルカッターで割り、1/2→1/4に減らし、
最後は1/4をさらに割り(もう粉々になりますが)、
断薬に成功しました。

お役に立てましたでしょうか?
手帳が見つかって、記録してあったら、
ブログのほうで更新いたしますね。

| mie | 2012/09/20 1:43 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/09/20 6:46 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/09/21 10:32 PM |

コメントする
お気軽にどうぞ♪









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ご訪問ありがとう♪



お詫び

大変申し訳ございませんが、
現在、コメントの返信を
お休みしております。

ご訪問の皆様へお知らせ

ブログ管理人について

初めての方はまずこちらを。

mieについて

応援お願い致します♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。


おむつが15%OFF

このブログを検索
最新記事
コメント
モバイルはこちらから
qrcode
愛用抱っこ紐
その他
Sponsored Links