明日を見つめて

2003年末に、うつ病・パニック障害と診断。
薬を飲んでも良くならず、精神医療に不安と疑問を感じ始めました。
減薬を始め離脱症状と闘いながらも、2012年末なんとか断薬に成功。
2013年には妊娠→出産!育児ブログになりつつ...?
一歩一歩前進しています!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 母乳について(記事未完成)
退院後、慣れない生活で食事に気を配る余裕はなく、
お弁当やお惣菜などで簡単に済ませることが多かった。
時間が取れる日は、野菜がたくさん取れるようにと、夫が鍋をよく作ってくれた。

しかし、お弁当やお惣菜は、揚げ物・洋食・中華が多いためカロリーも高く、
鍋は、牛もつや豚肉が多く、プラス鴨や鶏が加わることも。
そのようなカロリーが高く油脂分の多い食事をしたときは、
母乳も脂っこかったし、息子に湿疹と目やにが出た。

また、甘〜いものを食べた時は、母乳も黄みがかっていて甘ったるい。
甘ったるい時は、決まっておっぱいが張って痛い時。
アイスクリーム・加糖ヨーグルト・チーズケーキなど、
冷たくて糖分とカロリーの高い乳製品を食べた時、
必ず右胸にしこりができ、とにかくカチカチに張ってめちゃくちゃ痛かったし、
おはぎ・ひし餅・柏餅など、甘いお餅系を丸々1個食べた時は、
両胸がガッチガッチに張って眠れなかった。

母乳過多で毎回むせるくらいなのに、さらにカロリーの高いものを食べたら、
そりゃガチガチになるはず(--;)

だが、糖分や『乳』自体は息子の湿疹には影響はなかった。
そこに、卵や油脂分が加わると湿疹が出るが...。

卵...。
入院中から毎日卵は出ていたので、退院後も深く考えずほぼ毎日食べていた。
3月に簡単なアレルギー検査をしてもらったら、卵白にごく薄い反応があった。
やっぱりそうか...。
入院中にプツプツ出ていたのは、卵のせいだったのかも。
2月に入ってからは、卵を控えていたつもりだったが、
卵ってけっこういろんなものに含まれている...。
大好きな焼き菓子も夫の作った絶品卵焼きも親子丼もお好み焼きも...オアズケ...((T_T))

唐揚げや天ぷらやハンバーグなどは、カロリーが高いので控えていたが、
卵が使われているならなおさら食べられないなぁ...。
マヨネーズにも卵が入っているため避けているから、ポテトサラダも。

卵が含まれておらずカロリー控えめのビスケットやクラッカーでも、
油脂分が含まれているものは、食べ過ぎるとプツプツと...。
チョコレートでは、湿疹も目やにも普段よりひどくなってしまう。
湿疹が悪化した頃、バレンタインデー後だったので、
1日1.2個くらいならと毎日チョコを食べていたのがまずかったのかも。
チョコレートに含まれている油脂分に反応しているのか、
チョコレート(カカオ)にアレルギーがあるのかわからないが、控えることに。

母乳の質=私の食事。
そう思って、昔ながらの和食(粗食)を心がけることにした。
玄米が良いのかと思ったが、母乳の出が良すぎる私の場合は、
詰まって乳質を悪くする可能性があるらしく、今までどおり雑穀米で。


そういえば、我が家では小さな頃から自然食品にこだわっていて、
ご飯は玄米、または玄米が切れたときには胚芽米だった。

多感な中高生の頃、いつもお弁当を見られる度に、
『ご飯何で茶色いの?』と聞かれるのが嫌で恥ずかしくて仕方なかった。
白いご飯が食べかった。
だから、実は今でも玄米が嫌い。
だが、今の時代、玄米のお弁当だと『健康的だね』と言われるのだろうな。

他に、白砂糖は使わず蜂蜜オンリー。
それはまだ構わないのだが...。
出来合いのお惣菜なんて食べたことなかったし、普段は外食もなし、
パン屋さんのパンもダメ、インスタントやお菓子・ジュースなんてもってのほか...etc。

身体の健康にはいいのだろうが、精神的に不健康。
お小遣いも貰ってなかったので、好きなものを自由に買うこともできない。
とにかくつまらなかった。


なぜか話がかなりずれてしまった...。戻そう...。

いろいろ調べてみると、授乳間隔が3時間以上空く場合は、
母乳が高カロリーだから赤ちゃんのお腹が空かないのだとあったが、
私の場合、高カロリーの食事を摂った時の方が、
夜間、1時間半置きくらいに泣いておっぱいの催促をすることが多く、
粗食(雑穀ご飯・根菜具沢山味噌汁)の時は、
夜間の授乳間隔が3時間以上(時には6時間!)空くことがほとんどだった。

また、食事は母乳には影響ない・赤ちゃんの湿疹には関係ないという意見もあるが、
私達親子の場合は、100%影響あるし関係あることがわかっている。
(あくまでも私達親子の場合。全く影響ない人もいるのでうらやましい...)

1度、右だけものすごく嫌がって、飲んでは泣いてを繰り返すので、
試しに味見してみると、苦くて渋かった。
ちなみに、ユンケルを飲んだときは、母乳もユンケル味だった...(--;)
もちろん、嫌がってなかなか飲んでくれなかった...。

なので、授乳前には必ず味見をするようにしている。

また、良い母乳だから、目を見て飲むとかグズりがないとか、
悪い母乳だから、目を見て飲まないとか眠り飲みや遊び飲みをするとか、
グズりがあるとか寝相が悪いとか、その他諸々悪いこと云々...、
母親を不安にさせるような内容のサイトや育児書などもあるが、
私は関係ないと思うんだけどなぁ...。

とくに、髪の毛が逆立つなんていうのは、『ホンマかいな!』と叫びたいくらい。

息子...高い割合で逆立ってますけど...。
単なる髪質だと思いますけど...。
母乳の質が悪いのですか?

こんなに食べ物に気を付けて、
青白く透き通ってあっさりとした甘みのある母乳を出しているのに?

寝相も悪いです。
月齢的なもの&父親の遺伝子だと思いますけど。

寝グズり激しいときもあります。
やはり母乳の質が悪いのですか?

眠り飲みよくしますけど...。
乳首くわえたら精神的に安定するからではないのですか?

目をしっかり見ながら飲んでくれませんけど...。
単なる体勢的な問題ではないのですか?


赤ちゃんの寝床にしても、抱き癖や離乳食やステロイドの使用、
おしゃぶり・歩行器の使用についても、
人によって意見や主張がバラバラ...。
いろいろな意見がありすぎて、何が正しいのかわからないが、
対立した意見があって、どちらにおいても正しいと主張する人がいるということは、
きっと正解はないということだと思う。

そのいろいろな意見を取り入れて参考にしながら、自分たちに合う子育てをすればいい。




記事未完成...編集中

乳児湿疹についても現在記録中...。





| comments(0) | trackbacks(0) | 21:34 | category: →母乳 |
ご訪問ありがとう♪



お詫び

大変申し訳ございませんが、
現在、コメントの返信を
お休みしております。

ご訪問の皆様へお知らせ

ブログ管理人について

初めての方はまずこちらを。

mieについて

応援お願い致します♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
  ↑↑↑
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。


おむつが15%OFF

このブログを検索
コメント
モバイルはこちらから
qrcode
愛用抱っこ紐
その他
Sponsored Links